2024-02-02に投稿

植物工場産業の動向、洞察、分析レポート - 2024-2036年の世界予測

植物工場 市場分析
植物工場は、産業オートメーションとバイオインフォマティクスを利用して作物生産をまったく新しいモデルに変えることを目指す産業です。植物工場は、植物の生育環境を模倣することで、最大の収量、収穫密度、財務効果を達成することが期待されています。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-115233

植物工場市場のセグメンテーション
当社は、植物工場市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社は市場を設備と光によって分割しました。植物工場は施設別に温室、屋内、その他に分類しています。温室は通常、換金作物に使用される繊細な植物のために維持されます。これらはバラ、チューリップ、さらには野菜である可能性があります。 ほとんどの植物は屋内で育ち、ハーブ、花、その他薬用作物として使用されます。

植物工場市場の地域概要
アジア太平洋地域は植物工場にとって潜在的な市場であり、その成長は主に人口増加と経済の繁栄によるものです。作物生産の需要はピークに達しており、スペースの利用が重要です。当社の分析によると、アジア太平洋精密農業市場は、予測期間(2021―2027年)中に7.9%のCAGRで成長すると予想されます。経済と人口の増加により、精密農業は増加します。この需要は植物工場市場でも同様の成長をもたらします。

ヨーロッパは植物工場市場で最も高いシェアを誇る地域で、約 33% です。 この地域の市場成長の理由は、先進的な研究開発と顧客意識です。当社の分析によると、ヨーロッパの精密農業市場は 13.7% の割合で成長し、2026 年までに 43.8 億米ドルに達すると推定されています。ヨーロッパにおける精密農業市場の成長は、工場市場の発展と同様の結果をもたらす可能性があります。

競争力ランドスケープ
世界の植物工場市場における主な主要企業には、Aerofarms、 Brightfarms., Gotham Greens、 Bowery Farming、 Transaera Inc.などが含まれます。さらに、日本農業市場分析のトップ 5 のプレイヤーは、NARK、 Citi Inspire Minds、 Ferma.ge、 Water Design Japanおよび Momo Ltd.などです。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

hina miyazu

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント