2024-02-09に更新

粉体接着剤産業のシェア、規模、レポート - 2023-2035年の世界予測

粉末接着剤 市場分析
乾燥した粉末状の接着剤を粉末接着剤と呼びます。軽量で柔軟性があるため、建設や自動車など、さまざまな分野のカスタマイズ用途に適しています。さらに、都市に住む70億人の人口を支えるために、今から2050年までの間に毎日13,000棟の建物を建設する必要があります。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-57427

粉末接着剤市場セグメント
タイプに基づいて、ホットメルトパウダー接着剤のサブセグメントは、2035 年末までに大きな市場シェアを保持すると予想されます。ホットメルトパウダー接着剤は、耐水/ドライ ウォッシュ耐性、高い剥離強度、優れた安定性などの特性により、衣類への熱転写印刷に非常に適しています。したがって、アパレル産業の成長は、サブカテゴリーの成長を後押しすると予想されます。

粉末接着剤地域概要
アジア太平洋地域は、予測期間中に最大 42% の市場収益のシェアを保持すると予想されます。この地域の安定した人口増加と、それに伴う自動車産業の需要と生産の増加は、地域市場の最も重要な成長ドライバーと考えられています。中国の自動車産業における自動車の販売台数は、2021 年には 2,600 万台を超えると推定されています。また、建設業界における需要の増加や、主要企業による研究開発投資の増加が、この地域の市場成長に大きく寄与すると予想されます。日本での強力な建設産業とその大きな生産量が、国内での粉末接着剤市場の需要の理由です。

粉末接着剤 調査の場所
北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

hina miyazu

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント