Haskell を Ubuntu にインストールできねーの(^〜^)?

読了目安:30分

情報

📖 haskell-practice-on-ubuntu

はじめに

ramen-tabero-futsu2.png
「 Haskel を Ubuntu にインストールできねーの?」

kifuwarabe-futsu.png
「 何度も失敗してるよな」

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 また イチからトライしましょう」

(📅2023-11-28 tue) Git Hub の使い方わかんねー(^〜^)

ramen-tabero-futsu2.png
「 Windows と Ubuntu で Git Hub が違う」

ramen-tabero-futsu2.png
「 CLaunch の Ubuntu 版は無いの?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 Visual Studio Code の Ubuntu 版は無いの?」

kifuwarabe-futsu.png
「 ↓ うーん、そのうち 願いが叶えられそうなのは これかな?」

Visual Studio Code をインストールしようぜ(^〜^)?

UbuntuにVSCodeをインストールする3つの方法

Input:

sudo snap install --classic code

Output:

code 1a5daa3a from Visual Studio Code (vscode✓) installed

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ インストールされたらしいけど、どうやって起動する?」

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 code って打ちゃあ いいんじゃないの?」

Input:

code

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ うおっ、CUI から GUI が出てきた メモ帳みたいだ」

kifuwarabe-futsu.png
「 コマンド・プロンプトと 似たようなもんなんじゃないか?」

git をインストールしようぜ(^〜^)?

ramen-tabero-futsu2.png
「 じゃあ 次、 git」

kifuwarabe-futsu.png
「 ↓ ほらよ」

UbuntuにGitをインストールする

Input:

# インストール
sudo apt-get install git

Input:

# インストールできたか確認
dpkg -l git

ramen-tabero-futsu2.png
「 バージョンは 1:2.34.1-1ubuntu1.10 って書いてあるぜ」

# git の初期設定
git config --global user.name [任意のユーザ名]
git config --global user.email [任意のユーザ名]

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 覚えてねーっ」

kifuwarabe-futsu.png
「 メールアドレスは覚えてるだろ。 Git Hub を見ると お父んの名前は muzudho だぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 初期設定したぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 ↓ あとは ここを読めだぜ」

【超入門】初心者のためのGitとGitHubの使い方

Input:

git config --list

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 初期設定の中身が丸見えだぜ」

Git Hub にリポジトリを作ろうぜ(^〜^)?

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↓ Web ブラウザーで Git Hub を開いて リポジトリーを作っておいたぜ」

📖 haskell-practice-on-ubuntu

Ubuntu にローカル・リポジトリを作ろうぜ(^〜^)?

ramen-tabero-futsu2.png
「 Ubuntu のローカルって、どこよ?」

kifuwarabe-futsu.png
「 ユーザーのホームになんかないか?」

Input:

cd ~
ll

ramen-tabero-futsu2.png
「 いっぱいあるが、ユーザーのホームって どこよ?」

cd Documents
ll

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 GUI で見ると Home/Documents というところに いろいろ置くといいんじゃない?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 じゃあそこで」

mkdir git_hub
cd git_hub

mkdir example1
cd example1

git init

ramen-tabero-futsu2.png
「 おっ、 Home/Documents/git_hub/example1 フォルダーの中に .git フォルダーが作られたぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 ローカル・リポジトリを 新規作成するのではなくて、
Git Hub のリポジトリを クローンしたかったのでは?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 あっ、そうか……」

Git Hub のリポジトリをクローンしようぜ(^〜^)?

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↓ Git Hub で こんなコマンドライン コピーしてきたけど、使えるのかな?」

gh repo clone muzudho/haskell-practice-on-ubuntu

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ gh なんていうコマンド無かった」

ramen-tabero-futsu2.png
「 カレントディレクトリーを Home/Documents/git_hub へ移動」

git clone https://github.com/muzudho/haskell-practice-on-ubuntu

ramen-tabero-futsu2.png
「 おっ、思ってる通り クローンできたぜ」

コミットとプッシュの練習をしようぜ(^〜^)?

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 Git Hub へ ファイルをアップロードする練習をしなさいよ?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 Home/Documents/git_hub/haskell-practice-on-ubuntu へ、フォルダーやファイルを追加して」

Input:

cd haskell-practice-on-ubuntu

git add Docs
git commit

ramen-tabero-futsu2.png
「 なんか コメントを入れろと出てきたが 無視したった」

Input:

git push origin

ramen-tabero-futsu2.png
「 ユーザー名と パスワードを入れろと 出てきたな、忘れたな」

kifuwarabe-futsu.png
「 思い出せだぜ!」

ramen-tabero-futsu2.png
「 ダメだ 認証に失敗する」

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 ↓ パスワード入力による認証は 削除されたそうよ」

HTTPS URL を使用したクローン作成

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 文章を読んだだけで 難しそうだ」

Git Hub CLI をインストールしてみようぜ(^〜^)?

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↓ なんだか分からないが Git Hub CLI をインストールしてみよう」

About GitHub CLI

ramen-tabero-futsu2.png
「 Ubuntu って、 Debian ?」

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 Ubuntu は Debian ねえ」

Installing gh on Linux and BSD

Input:

type -p curl >/dev/null || (sudo apt update && sudo apt install curl -y)
curl -fsSL https://cli.github.com/packages/githubcli-archive-keyring.gpg | sudo dd of=/usr/share/keyrings/githubcli-archive-keyring.gpg \
&& sudo chmod go+r /usr/share/keyrings/githubcli-archive-keyring.gpg \
&& echo "deb [arch=$(dpkg --print-architecture) signed-by=/usr/share/keyrings/githubcli-archive-keyring.gpg] https://cli.github.com/packages stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/github-cli.list > /dev/null \
&& sudo apt update \
&& sudo apt install gh -y

Input:

sudo apt update

Input:

sudo apt install gh

ramen-tabero-futsu2.png
「 手順は 踏んだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 gh をインストールしたところで push できないぜ」

gh auth login

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 認証トークンを貼れ、とか出てくるが、なんのことだか」

ramen-tabero-futsu2.png
「 逆だ、コマンドラインからウェブ・ブラウザを開いて こっちから 認証コードを打ち込みに行くんだ。認証できた」

Input:

git push

Output:

Everything up-to-date

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 別に何も起こってない」

ramen-tabero-futsu2.png
「 git commit 、 nano エディターの使い方が分からんな。コメント入れて保存して」

ramen-tabero-futsu2.png
「 git push 、これでどうか?」

よく使うコマンド

#cd レポジトリのディレクトリ
git commit -a

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ git commit -a で ローカルのリポジトリに ぶち込むらしい」

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ なんか コメントを打鍵して [Ctrl] + [O] キーで COMMIT_EDITMSG ファイルを保存、
[Ctrl] + [X] キーでエディターを終了」

git push

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ git push で リモートのリポジトリに ぶち上げるらしい」

(📅 2023-12-20 ⏰ 19:18) まだ Haskell をインストールできていない

kifuwarabe-futsu.png
「 長いなあ」

📖 VS Code Haskell Extension

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ Visual Studio Code に Haskell の拡張があるらしいんで、それを探してみるか」

📖 GHCup

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ さらに GHCup の説明を読めとあるぜ」

curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://get-ghcup.haskell.org | sh

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ さらに コマンドを叩けということらしい」

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↓ イエスと答え続けていくと コマンドを打てと出てきた」

System requirements 
  Please ensure the following distro packages are installed before continuing (you can exit ghcup and return at any time): build-essential curl libffi-dev libffi8ubuntu1 libgmp-dev libgmp10 libncurses-dev libncurses5 libtinfo5

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ エンターキーを押したら処理が進んでるぜ」

===============================================================================

OK! /home/muzudho/.bashrc has been modified. Restart your terminal for the changes to take effect,
or type "source /home/muzudho/.ghcup/env" to apply them in your current terminal session.

===============================================================================

All done!

To start a simple repl, run:
  ghci

To start a new haskell project in the current directory, run:
  cabal init --interactive

To install other GHC versions and tools, run:
  ghcup tui

If you are new to Haskell, check out https://www.haskell.org/ghcup/steps/

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ どうなった?」

📖 https://www.haskell.org/ghcup/steps/

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 ↑ URL を開いたらいいんじゃない?」

ghc --version
Command 'ghc' not found, but can be installed with:
sudo apt install ghc
ghci --version
Command 'ghci' not found, but can be installed with:
sudo apt install ghc
ghci
Command 'ghci' not found, but can be installed with:
sudo apt install ghc
sudo apt install ghc

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ GHC がまだインストールされてなかった?」

ghc --version
The Glorious Glasgow Haskell Compilation System, version 8.8.4

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ このハスケルが新しいか、ネットで調べるか」

📖 https://wiki.haskell.org/Haskell

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 9.4.8 にアップデートするには どうすればいい?」

curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://get-ghcup.haskell.org | sh

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 分からんから もう1回コマンドを叩いて アペンドする」

ghci
GHCi, version 8.8.4: https://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Prelude> 

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ ダメだ 古いやつが入ってしまう」

📖 https://www.haskell.org/ghc/blog/20231009-ghc-9.8.1-released.html

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ こいつを どうやってインストールするか 調べてみるか」

ramen-tabero-futsu2.png
「 分からん」

ghci
GHCi, version 8.8.4: https://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Prelude> main = putStrLn "Hello, Haskell!"
Prelude> 
Prelude> main
Hello, Haskell!
Prelude> 

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 自分が何をやっているのか分からん」

📖 https://www.haskell.org/ghcup/steps/

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 ハスケルのファイル名は hello.hs みたいに名付けるそうよ」

🗒 hello.hs :

main = putStrLn "Hello, Haskell!"

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ テキストファイルは こんなんでいいのかだぜ?」

ghc hello.hs

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ コンパイルが必要なようだぜ。 hello, hello.hi, hello.o ファイルが生成されたぜ」

./hello
Hello, Haskell!

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ hello コマンドができたのかだぜ? あっ、動いた」

ハスケルの構文とか何も分からん

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 ghci がインタープリター・モードになってんじゃないの? それで練習するんじゃないの?」

ghci
GHCi, version 8.8.4: https://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Prelude> 1 + 1
2
Prelude> putStrLn "Hello, world!"
Hello, world!

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ そのようだなあ」

Prelude> double x = x + x
Prelude> double 2
4

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 数を2倍にする double 関数を作って 実行したようだぜ、飽きてきた」

Prelude> :{
Prelude| map f list =
Prelude|     case list of
Prelude|         [] -> []
Prelude|         x : xs -> f x : map f xs
Prelude| :}
Prelude> 
Prelude> 
Prelude> 

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ どうやって このモードから抜ける?」

📖 GHCiの基本的な使い方まとめ

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 :q じゃないの?」

Prelude> :q
Leaving GHCi.

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 確かに」

Prelude> :{
Prelude| map f list =
Prelude|     case list of
Prelude|         [] -> []
Prelude|         x : xs -> f x : map f xs
Prelude| :}
Prelude> map

<interactive>:7:1: error:
    • No instance for (Show ((t0 -> a0) -> [t0] -> [a0]))
        arising from a use of ‘print’
        (maybe you haven't applied a function to enough arguments?)
    • In a stmt of an interactive GHCi command: print it
Prelude> map (+1) [1, 2, 3]
[2,3,4]

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 抜けたらダメだった 続けるのだった」

Prelude> :load hello.hs
[1 of 1] Compiling Main             ( hello.hs, interpreted )
Ok, one module loaded.
*Main> main
Hello, Haskell!

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ ファイルの読み込み」

*Main> import Data.Bits
*Main Data.Bits> shiftL 32 1
64
*Main Data.Bits> clearBit 33 0
32

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ モジュールをインポートして論理左シフトか?」

:type putStrLn
putStrLn :: String -> IO ()

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 型のヘルプでも見てんのか?」

:quit
Leaving GHCi.

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 終了」

kifuwarabe-futsu.png
「 練習が全然足りないな」

キャベルもスタックも無い

cabal repl --build-depends async,say
Command 'cabal' not found, but can be installed with:
sudo apt install cabal-install

stack exec --package async --package say -- ghci
Command 'stack' not found, but can be installed with:
sudo apt install haskell-stack

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ キャベルもスタックも無いが?」

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 Visual Studio の拡張ですからねえ」

📖 https://www.haskell.org/ghcup/install/

📺 https://www.youtube.com/watch?v=bB4fmQiUYPw

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 動画もあるが Windows で参考にならねー。飽きてきた」

curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://get-ghcup.haskell.org | sh
[ Warn  ] [GHCup-00110] ghc-9.4.7 is already installed; if you really want to reinstall it, you may want to run 'ghcup install ghc --force 9.4.7'
[ Info  ] GHC 9.4.7 successfully set as default version
[ Warn  ] [GHCup-00110] cabal-3.6.2.0-p1 is already installed; if you really want to reinstall it, you may want to run 'ghcup install cabal --force 3.6.2.0-p1'

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ cabel はインストールされてるらしいが、コマンドは無い」

ghcup install cabal --force 3.6.2.0-p1
ghcup: command not found

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ ghcup コマンドも無いぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 Visual Studio Code を再起動 してみては?」

ghcup --version
The GHCup Haskell installer, version 0.1.20.0
ghc --version
The Glorious Glasgow Haskell Compilation System, version 9.4.7
ghci --version
The Glorious Glasgow Haskell Compilation System, version 9.4.7

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ インストールされてる……」

cabal repl --build-depends async,say

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 何をやってるか分からないが コマンドを叩くぜ」

Resolving dependencies...
Build profile: -w ghc-9.4.7 -O1
In order, the following will be built (use -v for more details):
 - hashable-1.4.3.0 (lib) (requires download & build)
 - say-0.1.0.1 (lib) (requires download & build)
 - async-2.2.5 (lib) (requires download & build)
 - fake-package-0 (lib) (first run)
Downloading  hashable-1.4.3.0
Downloaded   hashable-1.4.3.0
Downloading  async-2.2.5
Starting     hashable-1.4.3.0 (lib)
Building     hashable-1.4.3.0 (lib)
Downloaded   async-2.2.5
Downloading  say-0.1.0.1
Downloaded   say-0.1.0.1
Starting     say-0.1.0.1 (lib)
Building     say-0.1.0.1 (lib)
Installing   hashable-1.4.3.0 (lib)
Installing   say-0.1.0.1 (lib)
Completed    hashable-1.4.3.0 (lib)
Starting     async-2.2.5 (lib)
Completed    say-0.1.0.1 (lib)
Building     async-2.2.5 (lib)
Installing   async-2.2.5 (lib)
Completed    async-2.2.5 (lib)
Configuring library for fake-package-0..
Preprocessing library for fake-package-0..
Warning: No exposed modules
GHCi, version 9.4.7: https://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Loaded GHCi configuration from /tmp/cabal-repl.-149129/setcwd.ghci
ghci> 

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 何のこっちゃ」

ghci> import Control.Concurrent.Async
ghci> import Say
ghci> concurrently_ (sayString "Hello") (sayString "World")
Hello
World

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 並行処理をしたんかな?」

:quit
Leaving GHCi.
cabal install --lib async say --package-env .

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ 何をやってるか分からないが コマンドを叩くぜ」

Warning: Unknown/unsupported 'ghc' version detected (Cabal 3.6.2.0 supports
'ghc' version < 9.4): /home/muzudho/.ghcup/bin/ghc is version 9.4.7
Warning: Unknown/unsupported 'ghc' version detected (Cabal 3.6.2.0 supports
'ghc' version < 9.4): /home/muzudho/.ghcup/bin/ghc is version 9.4.7
Resolving dependencies...
Up to date

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ だんだん 嫌になってきた」

パッケージを作る?

mkdir haskell-project
cd haskell-project
cabal init --interactive

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ わけもわからず打鍵」

Should I generate a simple project with sensible defaults? [default: y] 

Guessing dependencies...

Generating LICENSE...
Warning: unknown license type, you must put a copy in LICENSE yourself.
Generating CHANGELOG.md...
Generating src/MyLib.hs...
Generating app/Main.hs...
Generating haskell-project.cabal...

Warning: no synopsis given. You should edit the .cabal file and add one.
You may want to edit the .cabal file and add a Description field.

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ なんのこっちゃ」

Input:

cabal build

Output:

Warning: Unknown/unsupported 'ghc' version detected (Cabal 3.6.2.0 supports
'ghc' version < 9.4): /home/muzudho/.ghcup/bin/ghc is version 9.4.7
Resolving dependencies...
Build profile: -w ghc-9.4.7 -O1
In order, the following will be built (use -v for more details):
 - haskell-project-0.1.0.0 (lib) (first run)
 - haskell-project-0.1.0.0 (exe:haskell-project) (first run)
Configuring library for haskell-project-0.1.0.0..
Preprocessing library for haskell-project-0.1.0.0..
Building library for haskell-project-0.1.0.0..
[1 of 1] Compiling MyLib            ( src/MyLib.hs, /home/muzudho/Documents/git_hub/haskell-practice-on-ubuntu/haskell-project/dist-newstyle/build/x86_64-linux/ghc-9.4.7/haskell-project-0.1.0.0/build/MyLib.o, /home/muzudho/Documents/git_hub/haskell-practice-on-ubuntu/haskell-project/dist-newstyle/build/x86_64-linux/ghc-9.4.7/haskell-project-0.1.0.0/build/MyLib.dyn_o )
Configuring executable 'haskell-project' for haskell-project-0.1.0.0..
Preprocessing executable 'haskell-project' for haskell-project-0.1.0.0..
Building executable 'haskell-project' for haskell-project-0.1.0.0..
[1 of 1] Compiling Main             ( app/Main.hs, /home/muzudho/Documents/git_hub/haskell-practice-on-ubuntu/haskell-project/dist-newstyle/build/x86_64-linux/ghc-9.4.7/haskell-project-0.1.0.0/x/haskell-project/build/haskell-project/haskell-project-tmp/Main.o )
[2 of 2] Linking /home/muzudho/Documents/git_hub/haskell-practice-on-ubuntu/haskell-project/dist-newstyle/build/x86_64-linux/ghc-9.4.7/haskell-project-0.1.0.0/x/haskell-project/build/haskell-project/haskell-project

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ なんのこっちゃ」

Input:

cabal run

output:

Up to date
Hello, Haskell!
someFunc

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ なんのこっちゃ」

依存性の追加

ramen-tabero-futsu2.png
「 haskell-project.cabal ファイルを Visual Studio Code で開くぜ」

🗒 haskell-project.cabal:

cabal-version:      2.4
name:               haskell-project
version:            0.1.0.0

-- A short (one-line) description of the package.
-- synopsis:

-- A longer description of the package.
-- description:

-- A URL where users can report bugs.
-- bug-reports:

-- The license under which the package is released.
-- license:
author:             muzudho
maintainer:         [email protected]

-- A copyright notice.
-- copyright:
-- category:
extra-source-files: CHANGELOG.md

library
    exposed-modules:  MyLib

    -- Modules included in this library but not exported.
    -- other-modules:

    -- LANGUAGE extensions used by modules in this package.
    -- other-extensions:
    build-depends:    base ^>=4.17.2.0
    hs-source-dirs:   src
    default-language: Haskell2010

executable haskell-project
    main-is:          Main.hs

    -- Modules included in this executable, other than Main.
    -- other-modules:

    -- LANGUAGE extensions used by modules in this package.
    -- other-extensions:
    build-depends:
        base ^>=4.17.2.0,
        haskell-project

    hs-source-dirs:   app
    default-language: Haskell2010

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ なんのこっちゃ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 src/MyLib.hs ファイルを Visual Studio Code で開くぜ」

🗒 src/MyLib.hs :

module MyLib (someFunc) where

import System.Directory

someFunc :: IO ()
someFunc = do
  contents <- listDirectory "src"
  putStrLn (show contents)

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ なんのこっちゃ」

モジュールの追加

ramen-tabero-futsu2.png
「 以下のファイルを新規作成しろとのことだぜ」

🗒 src/OtherLib.hs :

module OtherLib where

otherFunc :: String -> Int
otherFunc str = length str
cabal repl
ghci> import OtherLib

<no location info>: error:
    Could not find module ‘OtherLib’
    It is not a module in the current program, or in any known package.```

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ ダメだ エラーだ 終わった」

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 何やってんの?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 わからない。コピー貼り付けしてるだけ」

🗒 haskell-project.cabal:

library
    exposed-modules:  MyLib

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 ↑ この部分を」

🗒 haskell-project.cabal:

library
    exposed-modules:  MyLib
                      OtherLib

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 ↑ こう書き換えたらいいんじゃない?」

cabal repl
Resolving dependencies...
Build profile: -w ghc-9.4.7 -O1
In order, the following will be built (use -v for more details):
 - haskell-project-0.1.0.0 (lib) (configuration changed)
Configuring library for haskell-project-0.1.0.0..
Preprocessing library for haskell-project-0.1.0.0..
GHCi, version 9.4.7: https://www.haskell.org/ghc/  :? for help
[1 of 2] Compiling MyLib            ( src/MyLib.hs, interpreted )
[2 of 2] Compiling OtherLib         ( src/OtherLib.hs, interpreted )
Ok, two modules loaded.
ghci> import OtherLib
ghci> otherFunc "Hello Haskell"
13

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↑ なんか動いた。何をやってるか分からないぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 エグザンプルは ここで終わってるぜ。あとは勝手に調べろとのことだぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 サンプル・プログラムを探そうぜ?」

(📅 2023-12-23 sat) サンプル・プログラムを探そうぜ?

ramen-tabero-futsu2.png
「 ↓ ハスケルの素人はこれを観ろ、ということだぜ」

FP - Functional Programming

fx(x) = x^2

プログラミングの関数は、この数学の関数ではない

  • 無限ループでハングするから
  • 副作用があるから
  • 例外があるから
  • メモリがなくなるから

プログラミングの関数は

  • ブロックを組み立てるようなもの

    • Define
    • Call
    • Compose
    • Pass as an argument
    • Inspect
  • FP Concepts

    • Higher-Order Functions (HOF)
    • Algebraic Data Types (ADT)
    • Pattern Matching
    • Purity
    • Immutability
    • Totality
    • Laziness
  • Haskell Features

    • Static typing
    • Polymorphisms
    • Type inference
    • Layout-sensitivity
    • ML syntax
    • Automatic currying
    • Garbabe collector
    • Green threads
    • Software Transactional memory (STM)
    • etc...
  • Haskell Toolchain

    • GHC (Glasgow Haskell Compiler) - the compiler
    • GHCi (GHC interactive) - interactive interpreter aka REPL(Read-Eval-Print-Loop)
    • cabal - a Haskell build tool, the .......
    • stack
    • HLS (Haskell Language Server)
    • ghcup
  • Haskell Toolchain / GHCi

    • Arithmetic
    • Logic
    • Calling functions
      • () are important!
    • Types - 式は型を持つ。 :t:tpye で型を見れる。 型の型は見れない
    • Types of numbers - :t +d で調べる
    • Types of functions -> :t div より、 :t +d div を使って調べる。2項の引数のとき、見やすい

    • List

      • List literals - [] の話。 [] ++ [] とか
      • List: head/tail/last/init
        • 空リストの head は例外
      • List: more functions
        • reverse
        • take
        • drop
        • null
        • elem
        • concat
        • length
        • !! - この操作は処理が遅い。インデックスを使ったランダムアクセスか?
      • List: ranges
        • [1 .. 10] や、 [1, 3 .. 20]
        • [10 .. 1] は空っぽ。 [10, 9 .. 1] はできる
        • [0 .. ] インフィニティもできる
  • Lazy evaluation

    • take 3 [0 .. ] で、 [0, 1, 2]
    • take 3 (drop 5 [0 .. ] で、[5,6,7]
    • length [0 .. ] - 終わらない。無限のリストには注意
  • ディスプレイの信号が消えた

  • Syntax

    • Define a function
    • Loading a module
  • Packages

    • module
    • package
    • Hackage
    • base
    • prelude
  • if-then-else

    • def list = if null list then def else head list
headOfDefault def list =
    if null list
    then def
    else head list
  • 続き
    • guards - マッチ構文みたいなやつ
sign n
    |  略
  • 続き

    • let-in - リストに含まれているか調べる?
    • where - 関数定義で使う?
    • immutablirity - 1回だけ代入できるというもの
    • How do you change if you can't?
      • Recursion
      • No more loops
  • Higher-order functions

    • First-Class Functions
    • Lambda functions
    • Partial application
    • Standard HOFs
      • map
      • filter even
      • filter
      • any
      • concatMap replicate
      • take iterate
    • Functions inside lists
    • Recap: GHCi commands
      • :q
      • :t
      • :t +d
      • :l
      • :i
    • More sources

ramen-tabero-futsu2.png
「 フーム」

kifuwarabe-futsu.png
「 ↓ 基礎勉強は もういいだろ、コンピューター将棋を作ろうぜ?」

📖 Haskell でコンピューター将棋を作ろうぜ(^o^)?

ohkina-hiyoko-futsu2.png
「 レクチャーの動画は あと3本 あるみたいよ?

ramen-tabero-futsu2.png
「 基礎勉強ばっかりだと飽きるんで 並行してやろう」

レクチャー2

ramen-tabero-futsu2.png
「 すぐ 詰まる。動画見よ」

📖 Haskell Beginners 2022: Lecture 2

  • Pattern Matching
    • Pattern
    • case-of - スイッチ文みたいなやつか?
eval :: Char -> Int -> Int -> Int
eval op x y = case op of
    '+' -> x + y
    '-' -> x - y
    '*' -> x * y
    '/' -> div x y
    _ -> 0
  • 続き

    • Patterns on lists
    • Structural List Patterns
    • Heads or Tails?
    • List Recursion
    • What's wrong, Haskell? - 書き方でコンパイル・エラーが出る例、エラーは出ないが悪い書き方の例
    • Totality - すべての入力に対して出力が定義されていることか?
      • Partial - 非 total
  • Data

    • Tuples
    • Working with tuples
    • Algebraic Data Type (ADT)
      • Product Type - 異なる型などを結合したもの
        • data: Product
        • data: Working with data - セッターとゲッターの書き方
        • data: Records - 構造体みたいなもん
      • Sum Type
        • Sum Types: Enumerations - いわゆる列挙型
        • Sum Types - Result とか
        • Recursive data types
          • Empty list
          • An eleement prepended to a list
        • type - type キーワード。型の別名? 式が見やすくなる
        • newtype - コンストラクタの別名??
  • Polymorphism
    • Parametric polymorphism - ジェネリクスみたいなやつ
    • Real types
    • Hoogle - Haskell Search Engine
    • Polymorphic types
    • Common types - Optional Value とか、左右とか
    • Common Functions
  • Back to Functions
    • Eta-reduction, part1
    • Eta-reduction, part2
    • Function Composition
      • ELI5 Composition
    • Composition + Eta-reduction
    • More sources

ramen-tabero-futsu2.png
「 はー、ふーん、うーん?」

レクチャー3

📖 Haskell Beginners 2022: Lecture 3

  • Common properties
  • Polimorphisms
    • Parametric Polymorphism
    • Ad-hoc polymorphism
  • class
  • instance
  • Separation of concerns
    • data
    • class
    • instance
  • Default methods
  • Not Java Interfaces
  • {-# LANGUAGE #-} - ランゲージ・プラグマ。
  • Standard Typeclasses
    • Eq
    • Ord - Ordering 比較演算子
      • LT
      • EQ
      • GT
    • Show
    • Read
    • Bounded
    • Enum
    • Num
  • Type interface
    • deriving - 派生
    • Generaliz(s)edNewtypeDeriving
    • Algebra
      • <> - ダイヤモンド演算子
    • newtype again
  • Everything is Semigroup, Okay, not really everything...
    • Semigroup
  • Algebra, part2
    • Monoid
    • Not everything is Monoid
  • Modules
  • Kind
    • Be kind to us, Haskell
      • Kind - a type of a type
      • Kindly check your types
  • typeclass for type constructors
  • Functor
  • Functor laws - 10種類
    • 1: Identity
    • 2: Composition
  • Folds
    • ステップ関数
    • Everything is a Fold
    • How foldr folds
      • コンスピレーター
    • How foldl/foldl' folds
    • foldr vs foldl
    • Foldable
  • Strict evaluation
    • 等式推論
  • {-# LANGUAGE BangPatterns #-}
  • Use strict/lazy evaluation wise.....
  • More sources

レクチャー4

📖 Haskell Beginners 2022: Lecture 4

  • Monad: The Idea
    • Maybe, yes? Maybe, no?
      • andThen - Ordinary helper function
      • ワンライナーで書けるようになる
    • Either way
    • Multiple combinations
    • It there a pattern?
    • What to do when we see a pattern?
      • 1. Nothing
      • 2. Recognize
      • 3. Copy-paste
      • 4. Abstract
      • 5. Put in a library
  • Monad is a pattern
    • 数学の圏論と違う。 Haskell は概念を借りてきただけ。
    • Monad
    • return も関数
    • Just a typeclass
    • Instance
    • Laws
  • Generalizing
    • (:[]) - robot monkey operator
  • Refactoring
  • Actually, in Haskell...
    • pure - ハスケルでは return の代わりに pure をよく使う
  • And that's the Monad
  • Real World
    • Purity - 純粋。副作用がない関数。
      • 1. Determinism
      • 2. Easier reasoning
      • 3. Simpler testing
      • 4. Composability
      • 5. Optimizations
      • 6. Parallelism
    • Purity + Laziness
      • getLine
    • Input/Output(IO)
    • Concept of IO
    • How to run IO?
      • unit type - 空の丸括弧
    • How to run Haskell programs?
      • main - メイン関数
      • ハローワールド
      • Printing twice
    • do 構文 - do-notation
      • let-in rule
      • Example with do
  • Cabal - カバール
    • 独自の形式。拡張子は .cabal
    • app フォルダーと、 src フォルダーに分ける。 app は実行可能で、 src はライブラリーか?
    • Typical main
    • build-depends
      • Hackage - ユーザー作成のパッケージが置いてる?
  • Functional,Imperative
    • Imperative style - 命令型スタイル
    • Functional style - 関数型スタイル
  • More sources

ramen-tabero-futsu2.png
「 ふーむむむ?」

次の関連記事

📖 Haskell でコンピューター将棋を作ろうぜ(^o^)?

.

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

むずでょ@きふわらべ第29回世界コンピューター将棋選手権一次予選36位

光速のアカウント凍結されちゃったんで……。ゲームプログラムを独習中なんだぜ☆電王戦IIに出た棋士もコンピューターもみんな好きだぜ☆▲(パソコン将棋)WCSC29一次予選36位、SDT5予選42位▲(パソコン囲碁)AI竜星戦予選16位

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント