2020-11-04に更新

【Ping】MTUサイズの調査で使うpingのオプション

宛先までフラグメントさせずに転送できる、パケットの最大サイズ(MTU)を調べたい時に便利なpingコマンドのオプションです。

例えば、通信キャリア区間等の途中経路でMTUサイズが小さい機器があるなどして、BGPやOSPF等の通信が確立しない時の調査や、エンドツーエンドのジャンボフレームが疎通するかどうかの確認にもよく利用します。

MTU 1500bytesが宛先まで疎通するか確認する場合

IPヘッダ:20bytes、ICMPヘッダ:8bytesを差し引いた1472bytesのサイズを指定します

macOSの場合

$ ping -D -s パケットサイズ IPアドレス
  • -D DFビットをONするオプション
  • -s パケットサイズの指定オプション

使用例

$ ping -D -s 1472 192.168.0.1

Windowsの場合

使用例

> ping -l 1472 -f 192.168.0.1

Linuxの場合

使用例

$ ping -M do -s 1472 192.168.0.1
ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

arohajiro

Qrunchから記事移行中です。。。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント