2019-06-17に投稿

A-Frameのコンポーネント内で他のコンポーネントを参照する

A-Frameはコンポーネント単位で簡単に処理を書くことができるが、時には他の要素の座標等の情報を取得したいときなどがある。そういう場合は他のコンポーネントを参照する必要があるのだが、その方法が公式マニュアルに書かれていた。

Accessing a Component’s Members and Methods

具体的には例えば下記のようなfooコンポーネントを割り当てられた要素があるとする。

<a-entity foo>

それにアクセスするには下記のような形。

document.querySelector('[foo]').components.foo;

普通にquerySelectorで要素を取得する。その要素にcomponentsというプロパティがあるようなので、それ経由で参照できる。あとはそのコンポーネントの値を取得したりメソッドを呼んだりできる。


だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント