2019-03-05に更新

LAN内ですぐに使えるPleromaのVagrant Box(構築済みゲストOSのひな形)を作った

表題の通り。本記事の半分はインストール方法でできています。

Pleroma is 何

PleromaとはElixirで書かれた分散型SNSのひとつ.

GNU SocialやMastodonとも連携することが可能.Pleromaによればラズパイでも動く軽さが特徴.

分散型SNSのPleromaをDocker+Macでローカルに構築する from てくてくぷれいす by しまさん様より引用

Pleroma用Vagrant Boxからサーバの立ち上げまでの手順

以下の手順はWindows、macOS、Linuxで共通です。ただし、Windows 10 Homeでのみ確認を行っています。

  1. Oracle VirtualBoxをインストールします。ダウンロードページ
  2. Vagrantをインストールします。ダウンロードページ
  3. コマンドプロンプトなどのターミナルにて自分の好きなフォルダへ移動します。
  4. 下記コマンドを実行します。Vagrant Box(構築済みゲストOSのひな形ファイル)のダウンロードと登録、Vagrantfileという設定ファイルの生成が行われます。
    vagrant init hidao/Pleroma099
  5. テキストエディタで先ほどのコマンドによって生成された Vagrantfile の最後の end の前の行に以下の行をコピペします。
    config.vm.network "public_network", ip: "192.168.0.221"
  6. 以下のコマンドを実行します。構築済みゲストOSのインストールが行われます。しばらくかかるのでコーヒーを淹れて待ちましょう。
    vagrant up
  7. ターミナルにプロンプトが表示されていればゲストOSが実行中になっています。ブラウザから http://192.168.0.221 にアクセスしましょう。

以上の手順でLAN内からアクセスできるゲストOS上のPleromaの準備が完了です。

ユーザの追加はブラウザからできますが、「つながっているすべてのネットワーク」に別のサーバを登録したいときには、ゲストOS内でコマンドを実行する必要があります。

その方法は他の記事に譲ります。

【重要】ゲストOSの停止方法

Vagrantでは、ゲストOSを停止させずにホストOSを終了しようとしたとき、ゲストOSが邪魔をしてホストOSのシャットダウンを中断させてしまいます。

そのため、ホストOSをシャットダウンさせる前に、起動したすべてのゲストOSをシャットダウンさせる必要があります。

ゲストOSのシャットダウン方法

ターミナルより、起動したゲストOSの Vagrantfile があるフォルダに移動して、次のコマンドを入力します。

vagrant halt

ゲストOSをシャットダウンさせた旨のメッセージが出たら、ゲストOSが正常終了されています。

ホストOSをシャットダウンさせる前に、すべてのゲストOSをシャットダウン(vagrant halt)するようにしましょう。

おわりに

Pleromaの環境構築用にdocker-compose等もありますが、あれはあれで癖があるのと、「構築済み環境が一発で立ち上がる」のを目標にVagrant Boxを作成してみました。

Vagrant Cloudデビューも兼ねていたので至らぬ点があるかもしれませんが、お気づきの点があるときはコメントまたはQiitadonのアカウント(@hidao)までご連絡ください。

それでは素敵なPleromaライフを!


hidao

岡山アイス珈琲党総帥。DiscordのQiitadon同人鯖缶。開発環境構築が趣味。 INFJ。研究者&堅実家タイプ(坪田式)。誕生数9。双子座。 https://github.com/hidao80/

Crieitはβバージョンで開発中です。進捗は公式Twitterアカウントをフォローして確認してください。 興味がある方は是非記事の投稿もお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

関連記事

コメント