2018-11-19に更新

今年つくったサービス・アプリを振り返る

読了目安:16分

2018年もすでに11月となり、いよいよ冬の気配が深まってきました。
今年はボチボチ沢山サービスを作ったので、アドベントカレンダーに挑む前にちょっと振り返ってみようと思いまして、はじめてのCrieitの記事を書いています。
以下のサービスを、すべて一人で開発しています。

webpage Capture and Paint

https://chrome.google.com/webstore/detail/webpage-capture-and-paint/mdglibpddhkadiadabckagelmmomoobn

1/17にリリース。
ボタンポチーですぐスクショを撮れる+撮ったスクショにお絵かきができるChrome拡張です。
表示範囲のみ、フルスクリーン、選択範囲のみの形のキャプチャ範囲に対応しています。
グラフィックツールを持ってない人や、いちいち画像に文字を入れるためにソフトを起動するのが面倒だぜ!!!と思い作りました。自分でも未だに結構愛用しています。
Chrome拡張はサーバ借りたりしなくていいんで気楽にやれて良さがあります。
unnamed.png

かわりに言って!代理ちゃん!!

2/2にリリース。
完全に匿名でツイートを行えるサービスで、専用のアカウントからウェブページを通してツイートができるというサービスでした。ただ、匿名で殺害予告とかされてしまうと非常に良くないので、ログインは必須とし、NGワードを設定して「つぶやきできないワードが入っています」などの過激な内容の投稿は踏みとどまることができる仕様になっていました。
過去形で表現しているのは、うっかり間違ってサービスをデプロイしているサーバを初期化してしまったからです。しかも適当に作ったものだったので管理が雑で、致命的なファイルをそこで喪失してしまったため未だサービス停止中です。ほんと仕事でこういうことをやらかさなくてよかったとしか思えません。良い自戒になりました。

b7ef7db8-dec4-4634-a326-754cd26be7a7.png

なお、代理でつぶやきをしていたアカウントは未だに残っている( https://twitter.com/dairi_you )のですが、愚痴っぽいものもありつつ、たまーに給湯室で横恋慕してる思いがつぶやかれてたり、優しさが溢れる感じの内容があったり、サービスにはパラリパラリと人が来る程度で大人気という感じではなかったのですが意外とコアなファンがついた趣深いサービスでした、いつか形は変わるかもしれないけど再開したい。

meeemo

https://meeemo.space

6/15にリリース。
付箋を使ったブレインストーミングをオンラインでもやれるようになりたいと思ったことが開発のきっかけです。
似たようなサービスはたくさんあるんですが、スマホ、PCでもどちらでも操作できるようにしているのが最大のセールスポイント。
リアルタイムで別の人の動きも反映される、他の人の付箋に書き込めるなど、オフラインで付箋ブレストをしたときの体験を損なわないようにしています。
デバッグを地元の友達にとても手伝ってもらった。

あと、このサービスリリースしたときに目出度くはてブのホッテントリ入リを果たしたものの、はてブ民がメチャメチャに押し寄せてきて祭り会場みたいになってしまっていました。
サーバーの負荷とか大丈夫かなと心配だったんですが、さくらVPS石狩リージョンサーバは偉大でした。
あと、メチャメチャセキュリティ攻撃を喰らいました。一部非常にマズイものとかがリリース時含まれていたんですが、ご連絡いただいて対応することができました。世間の優しさをここでも知ったのです。
そんでもって、付箋にdrop table users;とか truncate stickers;とか入れてた奴、未遂だけども許さんからな!!転んで擦りむいて泣け!!!

ritwee

https://ritwee.top
6/20にリリース。

meeemoをリリースし終わってバカみたいにハイになっていたので勢いだけで作ったサービス。所要時間12時間ぐらい。
Twitterでくっっっっそ長文の投稿や、文中に写真を含めて投稿するのをもっと手軽にやれるようになったら良いのになということで制作。

ソースコードを投稿できたり、勉強会のときにガーッとメモを書いてまとめて投稿するなど割と便利なのですが全然人気出ず。
結局自分用に使ってますが割と愛着があります。
あと、独自のハッシュタグをtwitterのそれそのものの文字列に寄せたせいか、リリースした直後ハッシュタグ検索の検索結果に出てこないという現象に見舞われてました。ちくしょー(思い出し悔しい)。

ウェブ表彰

https://hyou.show

7/8にリリース。
開発者友達のプロダクトがめっちゃバズったことによる、嫉妬・礼賛・賞賛・羨望などあらゆる感情がミックスされて勢いで生み出された紹介ツイートではきれいな言葉で表現したけれども、実は割とカルマが深いサービス。ただし、どのシーンにおいても一切嘘は言ってない。
リリース直後は微妙にバズったものの、今はかなり静かなペースで動いてる。どこかの社内チャットでたまに使われているらしいという噂を聞いた。
おかしい…あんなに称え合ってたやろ…??みんなどこ行ったの…????

クイズメーカー

https://quiz-maker.site

10/26にリリース。
クイズのを作って遊べるプラットフォームサービス。
10問クイズとかよくバズってるし良いよね〜というのと、自分の勉強用にゲーミフィケーションやりてぇ〜という思いで作成。
UIがわりと良い反応をいただけていて、そういったご意見を見るたびフフフってニヤニヤしています。見てるよ…。反応を書いてくれてる皆のことを見てるよ…。
CtoCのサービスを作るのははじめてで、人が来たりこなかったりするたびに一喜一憂するので育成ゲームをやっている気持ちというか…これはなんか不思議な体験という感じです。
最近はもっぱらこれの改善をやっている感じです。

2018年、あと何個サービス・アプリ作れるかな〜と思って過ごしています。
取り敢えず毎年運営をやっているクソアプリアドベントカレンダーというものがありまして、そちらに出すサービスを1個作るのは確定してるんですが、頑張ってもう一個ぐらい作れるように一生懸命生きてみようと思います。


あんど

フリーランスエンジニア。一人で全部作るマンをやってる。作ったもの https://t.co/wwCzCW5orZ https://t.co/eVr5XeziXX https://t.co/OEcfeRna9B https://t.co/WQ8yUxP8dL https://t.co/yRpsoHuQAV

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント