2021-01-15に更新

【Windows】SID重複によるドメイン参加エラーをSysprepを使って回避する方法

事象

先日ActiveDirectoryの検証のため、検証機のWindows Server 2012 R2でドメイン参加しようとしたら以下のエラーが発生してドメイン参加できませんでした
d2f039ed85b5464bb3845782a8f55f77.png
「参加しようとしているドメインのSIDがこのコンピュータのSIDと同一であるため...」ん、んー??

原因

うっかりしてました、よくよく考えるとWindows Server 2012 R2が動作している仮想マシンを複製(クローン)して、それぞれドメインコントローラー用のサーバAとドメインに参加する用のサーバBとして検証環境を構築したためAとBが同一のSIDでした。そりゃエラーになりますね。

回避方法

サーバAかBをSysprepで一般化してSIDを初期化すればSID重複によるドメイン参加エラーを回避できます

確認済み環境

  • VirtualBox 6.0.14
  • Windows Server 2012 R2

Sysprepで一般化する方法

1. Sysprepプログラム本体のあるフォルダを開く

ファイル名を指定して実行から、名前に「sysprep」と入力して実行すると
System32フォルダのSysprepフォルダが開かれます
76efc6b345c29c4790bf83bbae9bec9f.png

2. Sysprepプログラムを実行する

Sysprepフォルダにあるsysprep.exeを実行すると
システム準備ツール(Sysprep)が起動します
2b9ef22372bc6ec23b548722968e7299.png

3. 一般化して再起動

一般化にチェックを入れてOKを実行すると
一般化によりSIDが初期化され自動的にOSが再起動します
628092b94d023c7b06a107ee98efdaf2.png
26f021d9fd4855a8b7966b0ac4b6e476.png

SID以外にライセンス情報も同時に初期化されますので
再起動後はライセンスの同意Administratorアカウントのパスワード設定が必要になります。
これでドメイン参加でエラーは出なくなります!

Windowsの仮想マシン複製して検証する時は、SID重複に気をつけましょうね。
複製元の仮想マシンにあらかじめSysprep一般化を実行していくと良いかと思います。
最近Linuxばかり触っていたので、すっかりSIDのこと忘れていました。。。反省

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

arohajiro

しがないおっさんインフラエンジニアです

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント