2021-06-10に投稿

【ネットワーク】ネットワークの階層について、スパインとリーフ

従来のネットワークの階層

従来のネットワークの階層には、アクセス層、ディストリビューション層、コア層があります。

詳細 機器
コア層 ディストリビューション層のスイッチを束ねる。バックボーン コアスイッチ
ディストリビューション層 ルーティングやフィルタリングを行う L3SW
アクセス層 コリジョンドメインの形成。PCなどを接続する層 L2SW,HUB

新たなネットワークの階層

こちらは仮想化が進んだことによって、新しい構成モデルができました。スパイン層とリーフ層です。

詳細 機器
スパイン 層 ルーティングを行うスイッチで構成される スパインスイッチ
リーフ層 エンドポイントで接続する機器 リーフスイッチ
ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

skyms

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント