2019-02-20に投稿

Python for処理を指定回数行う

Pythonfor処理を指定回数行う

スクレイピングで複数の要素からなる配列を取得し、それを表示させるということが多々あります。
そのあとに少し加工したい!という思いに応えてくれるのが「range()」です。

Python for処理を指定回数行う方法

Pythonで「range()」のサンプルコードは以下のようになります。
注意点は、URLの生成などで使う場合「range()」は数字で渡されるため文字列に変換しなければなりません。

実際のコード

for i in range(3):
    print(i)
#URLを作るサンプル
url="https://www.corylog.com/python/python00"
for i in range(5):
 print(url + str(i))

出力結果

0
1
2
[https://www.corylog.com/python/python000](https://www.corylog.com/python/python000)
[https://www.corylog.com/python/python001](https://www.corylog.com/python/python001)
[https://www.corylog.com/python/python002](https://www.corylog.com/python/python002)
[https://www.corylog.com/python/python003](https://www.corylog.com/python/python003)
[https://www.corylog.com/python/python004](https://www.corylog.com/python/python004)

これで簡単な配列を無事扱うことが出来そうです。

動くサンプル

Python3

Originally published at www.corylog.com

view_list 脳筋Python
第19回 Pythonでforを条件によって途中で終了させる
第20回 Python for処理後に処理を入れ込む
第21回 Python for処理を指定回数行う
第22回 Python enumerateを使ってfor文にリストを追加する
第23回 Pythonのif文の基本

aocory

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント