2019-05-05に更新

アイデアをピッチして、事前登録やチームを集められるアイデア機能を実装しました!(開発会議)

どうも!FREERIDERです!

開発会議(https://devtalk.jp)を作っています。

プロダクト開発のノウハウや経験を共有できるコミュニティを提供しています。開発している(していた)プロダクトを登録して、進捗を投稿したり、フォーラム内で情報共有することができるサイトです。

今回は、新しくアイデア機能を実装しましたので簡単な使い方と、どうして作ったのかについて説明させていただければと思います。

どうして作ったのか

アイデア機能を実装したのには、2つの背景があります。

1) 非エンジニアの方でも開発会議を使ってもらいたい!
2) アイデアが良いかどうかを検証したい!

開発会議を利用している方のほぼ全員が個人開発者さんです。本当にありがたいことですが、非エンジニアの方でアイデアがあって、開発したいものがあるのに参加できないのは勿体無いなとずっと思っていました。一方で、プロダクトを作っている時に「誰も使ってくれなかったらどうしよう」というのは個人開発者さんなら誰もが抱いたことがある不安だと思います。プロダクトを出す前から、これだけの人が使ってくれると分かればモチベーションの維持に繋がるのではないかと思いました。

LP系をすぐに作成してくれるサービスはたくさんありますが、今回のアイデア機能は本当にアイデアだけあれば3分でピッチのページを生成してくれます。(デザインもピッチぽい笑)結構便利かなと思います。

使い方

1. アイデアを追加する

スクリーンショット 2019-05-04 15.07.29.png

ヘッダー右上の「アイデア」にある アイデアを登録する をクリックします。

2. アイデアを入力する

add.png

アイデア名、タグライン(アイデアを一言で言うと)、ロゴ画像、背景画像、リンク(あれば)といった基本的な情報を入力していきます。

大事なのは、この後の箇所になります。

自己紹介
ここには、自分が何者であるか。どんなことをしてきて、何を今しているのかを簡潔に説明していきます。

アイデアについて
そのアイデアは誰のどんな問題を解決するのか、どんな人に使ってもらいたいのかなどを説明します。

メッセージ
エンジニアやデザイナーを募集している場合は、その旨を書きましょう。

3. アイデアをシェアする

idea.png

こんな感じでアイデアのページが生成されます。アイデアをTwitterやFacebookでシェアして、事前登録者を増やしていきましょう。アイデアの事前登録は「開発会議」に登録しているユーザーにはボタンのみが表示されワンクリックで事前登録が完了します。開発会議に登録していないユーザーでも、メールアドレスを入力して登録することができます。

みんな大好きなTwitterカードも実装済みです〜

4. 事前登録状況を確認する

register.png

メニューの 開発中のプロダクト一覧 をクリックすると、募集中のアイデア一覧も表示されています。 ダッシュボード をクリックすると、事前登録している方の名前や、メールアドレスを見ることができます。

さいごに

あ、このUIどこかで見たことある!って方は気にしないでください(笑)

実用最低限の状態でリリースさせていただきました。今後、コメントを入力できるフォームや、ダッシュボードからメールを送信できる機能なんかも作っていければなと思っています。こんな機能が欲しいなどあれば、随時ご意見いただければと思います!

あと、サンプルで使った、個人開発のプロダクトを売買できるフリマサービスは本当に作ろうと思っています(笑)ぜひ、下記のURLから事前登録お願いします〜〜!!

https://devtalk.jp/ideas/1


FREERIDER

フリーランスの個人開発者です!主に、Rails、React、Firebaseあたりが好きで使っています。

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント