2019-11-25に更新

リモート可能なエンジニア求人の見つけ方とリンク集

pc

はじめに

最初に言っておきますが、大した記事ではないので期待しないでね!(^人^)

「リモート可能なエンジニア求人の見つけ方と求人へのリンク集」の記事を、
もし書いたら、読みたい!興味ある!という人が22,3人いたので書きますねー。
twitterアンケート結果はこちら

「会社に行かなくていいなんて楽そうだなー」
「家でリラックスした状態で仕事できるなんていいなー」
とお思いのみなさん、こんにちは。

確かに家で仕事ができて、会社に行かなくてよかったら
通勤の手間もかからないし、かなり良いですね。

他にも、育児や介護などで手が離せないけど
仕事がしたい!という、立派な方もいらっしゃると思います。

私の場合は特に理由はありません。
強いて言うなら、首都圏に住んでいないので
東京に通勤するのはあまり現実的ではない、というぐらい。
(で、今は、半分通勤、半分在宅で、仕事してます。その話はまた別途。。。)

リモートワークの探し方

さて、
リモート可のエンジニア職を探す方法はいろいろあります。
ハローワークでも「在宅勤務可」の仕事も掲載されているので
うまく検索してみましょう。

検索していると過去の求人も出てくると思いますが、
そういう時は、直接会社のホームページから問い合わせれば良いです。

また「リモート可」と書いていなくても、
会社のホームページから直接、問い合わせてみるのもアリです。

あと「最初は通勤じゃないとだめだけど、慣れてくれば在宅でもいいですよ」
という会社も、わりと田舎でもあります。そういう会社に入ってみるのもひとつの手でしょう。
仲間がどんな人たちかわかっていると、リモートになってからもやりやすいと思います。

あと余談ですが、エンジニア関連の知り合いが増えると
どこかから仕事の紹介が流れてくることもあります。
自分のできることを表現して行くのも良いかもしれません。(ブログ、Twitterなど)

ちなみに、受け身のTwitter転職はあまりオススメしません。。。
「会社」や「求人情報」を、自分から探してみませんか?

自分の希望を伝えてみよう

ところで条件に関してですが、
それから「会社側が表立って提示している条件に合致しないといけない」と思っている人が
結構いるように思いますが、無理して合わせようとせずに、
「こういう条件で働きたいのですが・・・」と、相談してみるのもひとつの手です。

日本人は奥ゆかしくて控えめで、空気を読んで合わせる人が多いようなので、
自ら、こうしてほしいなどという交渉をする人は少ないのかもしれませんが、
だめもとで聞いてみるのはアリではないでしょうか?

あなたがもし既にその会社で貢献しているのなら、
ある程度の融通は効かせてくれる可能性が結構あります。
そうじゃないなら他を探せばいいだけです。

ちなみに、業務委託だと最低時給もなんのその(業務委託に最低時給は存在しないので)
ものすごーく安い案件もあるのでご注意を。

リンク集

以下、リンク集です。
会社のホームページに直接リンクを貼るのはOKかわからないので、していません。
探せばたくさん出てくるので、探してみてください。

時期をあけてちょくちょく探していると、前は見かけなかった案件を見つけられたりするので
一気に探して「これだけしかないのか」と思わずに、何度か検索してみてください。

  1. Google
  2. ハローワークインターネットサービス

「求人情報検索」→「求人情報の種類」で「フルタイム」か「パート」を選んで
「検索」ボタンを押した後、詳細検索条件のフリーワードで指定します。
キーワードはAnd検索がオススメ。

3.求人ボックス

Googleで検索したら求人ボックスへのリンクが出てきます。
ここで見つけたら、会社自身のホームページを探しましょう。

5.Wontedly

Wontedlyはリモートワークを検索するのがちょっと難しく感じますが、
会社によっては熱い想いが書いてあったりして、その会社のことを知るにはいいかも。

6.Find Job

Find Jobは「在宅」カテゴリがあり、定期的に求人が入れ替わっているようです。
勤務地で在宅を選ぶより、キーワードで在宅と指定した方がたくさん見つかります。

7.ママワークス
8.しゅふJOBパート

この辺は「ママ」とか「しゅふ」って書いてあるけど、条件ではないようです。

9.Reworker
10.Green

Greenは正社員求人が多い印象です。

ちなみに

当前ですが、リモートっていいことばかりじゃないです。
「自由に作って」という100%お任せの仕事でない限り、「確認したいこと」は出てきます。
目の前に相手がいないので、ちょっと聞く、ということも難しい場合もあります。

雑談をすることも少ないので、もしかしたら孤独も感じやすいかもしれません。
まあでもやってみないと合っているかわからないので、興味があるなら探してみましょう。

知りたいことや、質問などあれば、コメント欄にどうぞー。
(答えられるかわかりませんが)


Hata

個人でアプリを作ってたりなかったり(゚ω゚)。

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント