100DaysOfCodeをCrieitボードではじめよう

Twitterで流行っている100DaysOfCodeを、Crieitボードを使って進めると色々とメリットがあります。

そもそも100DaysOfCodeというのは何かというと、Twitter上で#100DaysOfCodeというハッシュタグをつけ、毎日プログラミング学習を行ったことをツイートすることです。

100DaysOfCodeの詳しいやり方

基本的にはTwitter上で行います。どの工程もすべて#100DaysOfCodeというハッシュタグを付けましょう。

開始を宣言する

まずやることに決めたら、これからはじめるよ! ということをツイートで宣言しましょう。ハッシュタグを忘れずに。

毎日ツイートする

毎日、その日やったことをツイートします。Day101/10など、わかりやすい形でその日が何日目かということも本文に含めます。例えば下記のような感じです。

Day12
・データの投稿機能を作成した
・ツイッターにシェアできる機能を作った
#100DaysOfCode

Crieitボードで行う

これをCrieitのボード機能を使って行うと、下記のようなメリットがあります。

コードも書ける

ボードの投稿はMarkdownで行うため、実際に書いたコードも一緒に投稿することができます。例えばJavaScriptであれば下記のような書き方です。

    ```javascript
    function test(a) {
      return a
    }
    ```

すると下記のような形で表示されます。

function test(a) {
  return a
}

ツイート上では表示できませんが、URLと一緒にシェアすればリンクをクリックされた場合にコードを見ることができるので他の人が参考にすることもできますし、自分の備忘録としても有用です。

ちゃんとログとして残せる

ツイートだと他のツイートに混じってしまいますが、100DaysOfCode専用のボードを作ってそちらに投稿する形であれば、他のものと混じらずそれ専用のログとして残すことができ、あとで見返すことも簡単ですし、これが自分のログだよ、と他の人にシェアすることも容易です。

実際の進め方

実際の進め方は下記になります。

  1. 自分の100DaysOfCode専用のボードを作成する
  2. そのボードに毎日投稿していく

ボードの作り方

まず、画面上部のボードを作成ボタンから作成ページに行きます。

ボード作成にはプリセット機能というものがあり、100DaysOfCodeのプリセットもあるため、このボタンを押すとボード作成に必要なほとんどの情報を入力してくれます。

必要に応じて調整しましょう。

  • ボード名を自分の名前にする
  • ボードIDのyourIDを自分のIDにする
  • その他意気込みなどがあれば概要に追記する

等。

作ったボードをシェアする

ボードを作成すると、概要の右下にシェアボタンが表示されます。これでツイッターに意気込みをシェアしましょう。

毎日書く

あとは投稿ボタンから実際の投稿を毎日行っていきます。

投稿後、各投稿の右下にもシェアボタンがあるため、そちらからツイートを行うことでその日は完了となります。これを頑張って100日続けていきましょう。

コードはツイートしてもあまり意味がないと思いますので、ツイートのシェア文からは削除しても問題ないと思います。コードは投稿しておけばツイートのリンクをクリックして訪れた人は見ることができます。ツイートの本文にはその日やったことのリストを主に書くようにしましょう。シェアする際にシェア文は調整可能です。

見やすく調整して投稿しましょう。

Twitter でリンクを共有する.png

本文の最後を途切れさせておくと、まだ続くのかな? とアクセスしてもらえる可能性があがりそうです。

参考リンク


view_list [連載] ボードの使い方
第1回 ボードの使い方を随時投稿していきます
第2回 100DaysOfCodeをCrieitボードではじめよう
第3回 Crieitボードで非公開のメモやひとりごとを書く
第4回 掲示板を作る
第5回 作業記録ボードにログを残していこう

Crieit=コミュニティlike(Qiita+dev.to)/3公式

何でも気軽に書けるプログラマー、クリエイターのコミュニティーCrieitの公式アカウントです。現在作成中です。開発中のことをつぶやいたり、要所要所で記事にまとめたりしています。 αバージョンで公開中です。気になる方は是非フォローお願いします。/ #crieit は #qiita の様だけど何でも書けるサービス

Crieitはβバージョンで開発中です。進捗は公式Twitterアカウントをフォローして確認してください。 興味がある方は是非記事の投稿もお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

関連記事

コメント