2018-12-26に更新

米国からTwitter転職で日本に来たら楽しくて仕方ない話

自己紹介

この度、Twitterを通して転職したら楽しい日々を送っているのでその時の事について書こうかと思います。初投稿です!

軽く自己紹介すると、日本語が喋れるアメリカ人です。

この記事にコードは一切出てきませんの、あしからず。

転職する前

前職はシリコンバレーにある某日系IT企業でした。

シリコンバレーと言うとバリバリコード書くなイメージがあるかもしれませんが、全ての企業がそうであるわけではありません。むしろ、エンジニアがほとんどいない会社でした。

コードを書くことも少しありましたが、やっていた業務は主にドキュメントの翻訳や通訳が多かったです。

それでもやはりコードを書きたかったので、作業時間外に独学でReactやNodeを学び、それを活かして社内サイトやサービスに少しずつ反映していったりしていました。

ただ、社内にエンジニアが少ないと、知識の共有もしづらく、独学にも限界を感じていました。

ここにいてもエンジニアとしての成長は無いと感じ、転職を決意しました。

Twitterでの転職

アメリカで転職活動をはじめていた所、ちょうど日本ではTwitter上でTwitter転職というワードがバズっていた頃でした。

また、某質問箱のWebサービスの誕生から類似サービスが爆発的に増えていた次期でもありました。

そんなときCatcherという転職用のTwitter Cardを作成するWebサービスに出会ったので、流れにのって転職カードを作ってみました。

正直、Twitter転職でしかも外国人を受け入れるところは無いだろうとあまり期待はしていなかったのですが、意外といろんな企業から声をかけて頂きました。

数社との数回に渡る面接を終え、無事、内定を頂きました。

翻訳や通訳を通じて、日本語にも自信がついていた為、日本で生きていく事は特に不安には感じませんでした。

一度の人生で一つの国に留まるのもつまらないなと感じたので、日本で就職する事を決意しました。

日本の企業で働くにあたって、ブラック企業がとても多い様な印象を受けていましたが、
そもそもTwitter転職と言うワードを知っている企業の時点でそこまで心配はしていませんでした。

実際に転職してみて

入社したのはフロントエンドからバックエンドまでJavascriptで書く会社でした。

もともとReactやReact-Nativeを書きたかった為、自分のニーズととてもマッチした所です。

週一で社内勉強会があり、技術の共有ができることがとても嬉しいです。

まだ入社して数ヶ月ですが、他の人のコードレビューやReact Nativeで作成したアプリの新たな機能実装などをさせていただいて、かなり充実した日々を送っています。

日本の良いところ

勉強会に行くハードルが低い

アメリカにいた頃、探していた場所が悪かったというのもありそうですが、勉強会といえば大きなカンファレンス等の方が多くて、参加するハードルが個人的には高かったです。

日本では勉強会やLT会、もくもく会などが多く開催されていて、とても気軽に参加できるのはとてもありがたいです。

食べ物がおいしい

やはり、日本の食文化は他の国よりも一歩上を行っていると感じています。
ただ、アメリカにいた時の方がいろんな国の食べ物を気軽に食べに行けましたね。

好きなバンドのライブに行ける

日本の音楽がとても好きなので、好きなアーティストのライブを気軽に見に行けると言うのはとてもありがたいです(笑)

日本に来て驚いた所

Vueの人気度

アメリカにいたときも一時期 Vue は賑わっていたのですが、求人はReactの方が圧倒的に多かったです。

アメリカの会社での面接中に「正直Vueってもうあまり聞かないけれどどうなの?」と聞かれたりもしたので、失速している印象でした。

日本に来てからはVueを使っているところが増えてきている印象ですね。

それでもやはりReactが好きなのでReactを書き続けていきたいですが、Vueも少し触り始めてみようとは思っています。

満員電車が辛い

日本の通勤事情についてはいろいろ聞かされていましたが、満員電車は想像以上にきつい‥!

幸い、フレックスタイム制の会社である程度自由な時間に出勤できるので、始発などの早めの時間に電車に乗って、満員である時間帯を避ける努力をしています(笑)

まとめ

日本に来てまだ3ヶ月程しか経っていませんが、とても楽しい日々を送っています!

東京の勉強会にいろいろ参加していく予定ですので、お会いすることがあればぜひよろしくおねがいします!


Naturalclar

System Engineer @CureApp Javascript, Typescript, React, React-Native, Electron, Node.JS

Crieitはβバージョンで開発中です。進捗は公式Twitterアカウントをフォローして確認してください。 興味がある方は是非記事の投稿もお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

関連記事

コメント